何気ない日常と猫たちとの生活日記
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年09月01日 (火) | 編集 |
またまたしばし音信不通でご心配おかけしましたが、無事仕事が決まりました!
地元のカフェでのお仕事です^^
実は将来小さな店を持ちたいという夢を持っていたりするので、まずはその第一歩といったところでしょうか。
昨日が初出勤だったのですが、まあおんなじ飲食店だからか、基本の流れは変わらずその辺は良かったんですけれど、なにぶん2か月ぶりなもんで緊張しました^^;
けど、やっぱり体動かして働くのは良いもんです。
なかなかに楽しい第一日目でした。
クビにならぬよう、ほんと頑張らねば(苦笑)

そんな嬉しいお話に加えて、悲しいお知らせもひとつ・・・

昨日、私が初仕事に行っているその間に、もなかが死にました。
いや、たぶん交通事故だったようなので、実際には夜の出来事だったのかもしれませんが、母らが気がついたのがお昼頃。
いつものようにリードをつけてリクなどを外に出してやっていたらしいのですが、珍しくリクが庭から出て家のエントランスの階段を降りたっがったそうなのです。
部活帰りらしき中学生たちが、道を挟んで向かいの家の前の街路樹の根元を覗きこんでいました。
たまたま、その家のご主人が前の道を掃きに出てこられて、そんな中学生たちに「猫、死んでるやろ。今朝、家の前にいたんや。」と声をかけたそうです。
母は、「え、もしかして…」と思い、家の前からそっと見てみるともなからしき足が見えたのです。
そして、従姉が確認に行って、もなかだったことが分かりました。

実はここ最近、銀さんが時々ゆずやもなかを追いかけてけんかになる…ということがありました。
どうやら、すでに避妊手術をしているにも関わらず、もなかを追いかけていたようです。
気づいた時にはすぐに、可哀そうだけれど銀さんを追い払っていたのですが、(何しろ、ゆずたちは基本的にうちの庭に住んでいて、すでにうちの猫も同然だったからということもありますし、追いかけられて怯えているもなかが可哀そうだったからでもあります)、銀さんは諦めず懲りずにやってきていました。
そしておとといの夜も、また例によって銀さんはやってきて大きなけんかとなりました。
私は次の日から仕事だったので早めに寝てしまったのですが、夜中まで喧嘩していたようです。
そして昨日の朝、ゆずたちの姿が見えなかったのですが、けんかの後は逃げていてしばらく戻ってこないこともあったので、またそうだろうくらいに思って私は仕事に行きました。
現に、夜中銀さんに追われて逃げたのでしょう。
そして、その後たぶん家に戻ろうとして、もなかは事故に遭ったのだと思います。
あの時、あの夜もっと銀さんを追い払っておけば…そんな思いが胸に浮かんできます。
もちろん、銀さんだって野良で生きていて大変なのも分かります。銀さんだけが悪いのじゃないということも。だからこそ「なんで?今、もなかが?」と思わずにはいられなくって…。
それ以前に、もなかは手術もしていてそんなに外に出たがることもないだろうし家に入れようかと、近頃話していたばかりで…もっと早くに家の中に入れていたらと思うと後悔してもしきれません。


先週のことだったか、リクたちを庭に出した時4匹で戯れている写真を撮ろうとカメラを構えました。
だけど、怖がりののもなかだけは逃げてしまって良い写真が撮れませんでした。
その時はいつものように、「いつでも撮れるし、次でいいや」と思いました。
だけど、もう「次」はないんですよね。
もっとあの時いっぱい写真を撮っておけばよかった。
もっといろんな表情を残しておけばよかった。
今思っても遅いのですが、そんな思いが渦巻いて涙が止まりませんでした。

可愛い声で鳴いて甘えたもなか。
かまって欲しくて、網戸を何度も食い破り叱られていたもなか。
綺麗な三毛の柄に細長い手足にやわらかな毛並み。
いろんなもなかを思い出します。

病気で失うのも、事故で急に別れるのも本当に本当に悲しいことです。
いなくなったあずきが、無事に良い人に飼われていることを切に願います。
そして、もなかが今頃虹の橋で、三毛の先輩の先代猫にいろいろと指導されながら、幸せに暮らしていることを切に切に祈ります。
DSCN2794.jpg
結局、帰って来てから撮った中で一番綺麗に撮れたのがこれでした。(前にも載せてるやつです)
ほんとしなやかな肢体の美人さんでした。

そして、妹を失い私たちよりも悲しいであろうゆずですが、(こちらは昨日昼過ぎに無事に帰って来ていました)ついに一匹になってしまってさみしそうだし、外にいてはまた銀さんとけんかになるしと、今日から家に入れることにしました。
もう事故で猫を亡くすのは嫌ですから・・・

DSCN2852.jpg
ということで、今朝早速また銀さんにウッドデッキから追い出され、玄関の前で「何とかしてよ~」と鳴いていたところをそのまま入れてやると、しばしの探検の後、ケージの中のベッドの中で爆睡。
よっぽど疲れてたんでしょうね。

DSCN2855.jpg
クウとリクは最初「何で家の中にいるの?」って感じでしたが、もともと庭でいつも一緒に遊んでたりするのでそこまでパニックにもならず。
けどまあ、ほんとに打ち解けるまでにはもうちょっとかかるだろうな

DSCN2857.jpg
そして、まあ基本デッキのところのベッドで暮らしてたのでそこまで汚れてはいないのですが、一応お風呂に。
もうこの世の終わりのような(苦笑)声で鳴いてましたが、無事終了。
ただ、このせいで「お家ライフっていいことばっかりじゃないかも」と思ったのか、しばらく怯えて鳴きまくっていましたが^^;

お昼過ぎにはなんとか3匹とも落ち着いて、めいめいの場所(クウはソファの上、リクはピアノの上、ゆすはキャットタワーの穴の中)で寝てくれてこっちもひと安心。
違う毛色が一匹加わって家の中は少し賑やかになりました。(笑)

もなかの分も幸せで元気で長生きしてね、ゆず。

ここまで長い、そして悲しいお話にお付き合いくださり、本当にありがとうございました。

star yellowいつも応援ありがとうございますstar yellow
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 猫ブログへ




コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

もなかちゃんのご冥福をお祈りします。。

この夏、いつもうちの周りにいる猫も
交通事故で亡くなりました。
今頃はきっともなかちゃんと仲良くしていると思います。
突然のお別れは本当に悲しいですね。。
ゆずちゃんには兄弟の分まで長生きしてほしいです(祈)
お辛いと思いますが
椎名さん、ゆずちゃんのためにも
早く元気になって下さい!
カフェの仕事も頑張って下さいね^^

mixiと連動させるため
ブログを新しくしました。
落ち着いたらまた遊びにきて下さいね。

   Rei†
2009/09/01(火) 18:53:15 | URL | 鈴* #-[ 編集]
もなかちゃんの御冥福をお祈りいたします。

別れはいつも悲しくて、あれをしてあげれば良かった、こうしていれば良かったと後悔してしまいますね…

きっと、もなかちゃんは大好きな兄弟達や椎名さんを見守ってくれていると思ういます。

最後になりましたが、新しいお仕事頑張ってください。
2009/09/01(火) 22:51:08 | URL | やっちん #-[ 編集]
>鈴*さん

病気で亡くすのも辛いですが、事故で突然というのも心の準備ができなくて辛いもんですよね。
でも今頃、鈴さんのお知り合いにゃんこさんとも仲良く飛び回ってるんだろうな~と思うと、少しは心も軽くなります。
虹の橋は今頃にぎやかなんだろうな~。

ゆずは…すでにすっかり家猫モードになってます。(お腹出して寝てますから。笑)
ほんともなかの分も長生きしてほしいもんです。

新しいブログのほうも早速リンクさせて頂きました~^^
mixiもやってらっしゃるのですね!
そちらにもまたお邪魔させて頂きます♪

>やっちん

別れが急だったからこそ、あの時ああしとけば…とかこうしてあげれば…とか思ってしまうのよね。
けど、いつまでも後悔ばかりしていてももなかが困るだけだから、きっと今は幸せに暮らしてるだろう姿を想像して頑張っていきます!

仕事もなんとか頑張ってるよ~^^
またその話なんかはゆっくりと♪
2009/09/04(金) 10:52:10 | URL | 椎名 #VX9I7OE6[ 編集]
もなかちゃん、虹の橋を渡ってしまったのですね。
ご冥福をお祈りします。

後悔が押し寄せてくるのはしかたないことですが
もなかちゃんは椎名さんとご家族の愛情をたくさん受けて幸せだったと思います。
写真をみてもわかります。
今頃は橋の上で「ありがとにゃん!」としっぽを立てていることでしょう。

そして時々ゆず君に会いにやってくるかも・・・しれませんから
椎名さん、見逃さないようにね!

ゆず君と椎名さんは二人とも新人さんですから
お疲れが出ませんように
2009/09/05(土) 12:56:25 | URL | 楓 #-[ 編集]
こんにちは、突然の事で驚きました。
別れは、やはり辛いものですね。
あたり前の事が幸せなんだと気付かれされます。
でも生涯の時間は関係なく、もなかちゃんは椎名さんに出会って幸せな時間を過ごせたと思います。
ゆずくん、大切にしてあげて下さいね。

もなかちゃんのご冥福お祈りいたします。
2009/09/08(火) 03:02:40 | URL | 大豆と小豆 #khh0Oikc[ 編集]
お返事遅くなりました!
>楓さん
もなかは短い人生でしたけど、外猫の自由さと飼い猫の安定した生活と両方を満喫できて幸せだったのかもしれないね、と最近家族でも話しています。

確かに、もなかとゆずはほんと仲の良い兄妹でしたから会いにきてくれると嬉しいなぁ。見逃さないようにしなくちゃですね!

そういえば、ゆずも私もおんなじ新人ですね(笑)
無理のない程度にぼちぼちと頑張ります!

>大豆と小豆さん
事故だと別れがほんと突然で、私もまずは驚きました。
やんちゃばかりするけれど、元気でその辺を走り回っていてくれること、そんな当たり前の日常が本当に幸せなんだと、こういう時に気づかされるんですよね。
もなかが我が家で少しでも幸せな時を過ごしてくれていたなら、ほんと幸いです。
そして、もなかも分もゆずには幸せになってもらわなくちゃですね!


2009/09/10(木) 11:19:23 | URL | 椎名 #VX9I7OE6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。